So-net無料ブログ作成

ユートピアはどこに? [演劇]

921000004.jpg

古い荷物の整理をしていたら、高校の時に書いた戯曲が出てきた。

高校の演劇部で上演した「ここより他の場所」という芝居です。

題名は大江健三郎の小説から拝借したが、氏の小説とは無関係のオリジナル戯曲です。

久しぶりにめくると、少年の無邪気な叫び声のような台詞が書かれていた。

921000005.jpg

(以下、劇中の台詞の中からの抜粋)

僕たちが、コロンブスのように新しい大陸を発見することがあるならば、

それは失われた大陸だ。

今こそ、失われた大陸に向かって船出しよう!

それが僕たちの、十五少年漂流記なのだ!

挫折と言う名の暗闇の中で、僕たちが手に入れたものが虚しさだけならば、

そんなものは、明かりを灯して消してしまえ!

行くことができない時代。

だからと言って立ち止まるな!

僕は歩いていくだろう、この大陸の地平線の彼方まで。

あるいは、この国の北の果てまでも。

あるいは、南の果てまでも。

地平線のギリギリに立って振り返ったら、

もしかしたら失われた大陸があるかもしれない。

ここより他の場所こそが、僕たちの思想であり、人生であり、国であり、未来なのだ!

ほら、夜空へ向かって羽ばたいていった一羽の巨大な鷹が、

地平線の彼方に消えていく。

夜ならば、夜ならば、朝になれ!

(以上)

稚拙な台詞まわしに苦笑いをしながら、ページをめくったのだが、

実はユートピア願望のようなものが、今でも僕の中にはくすぶっている。

40年以上経っても、人のキホンは変わらないのだな、と思う。

かつて「ここより他の場所」を目指し、再び「ここ」に戻ってきた僕は、

「ここより他の場所」に、本物のユートピアなんか存在しないことも判っている。

それでも「ここより他の場所」を目指し、ユートピアを探そうとしている自分がいる。

きっと、それは自分の心の中にあるのかもしれません。
nice!(106)  トラックバック(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。