So-net無料ブログ作成

夏服を着た女たち [文学]

現代アメリカ文学の翻訳家の常盤新平が亡くなりました。

常盤新平.jpg

大工の棟梁のような顔をしているけど、

都会的で洗練された文体の翻訳が氏の持ち味でした。

常盤新平の翻訳したアーウィン・ショーの短編小説の中に、

「夏服を着た女たち / The Girls in Their Summer Dresses」がある。

夏服を着た女たち.jpg

学生時代に読んで以来、繰り返しページをめくる本の一冊です。

よく晴れた日曜日、若い夫婦がゆっくりと朝食をとり、

とりとめのない会話をしながら五番街を南に下ります。

歩きながら若い夫は、つい、夏服を着た若い女のほうに目をやってしまう。

そのことで、理性的な妻に責められる。

夫は、肌を陽にさらした女たちを、つい見てしまうことを正直に告白する。

妻に対する愛情とは別に、男はそういうことを、ついやってしまうものだ。

そのことでふたりの間にささやかな諍いが生まれるが、

ラストはパッと霧が晴れたような読後感で終わる。

アーウィン・ショーの作品は、1930年代のニューヨークを舞台にした作品が多く、

機微のある会話と都市生活者の描写が、なんともいえず好きでした。

僕にとってのニューヨークのイメージは、この小説に描かれたものと今も変わっていない。

ショーと同時代の作家にはサリンジャーやカポーティがいる。

彼らほど注目を浴びることはなかったが、

ショーは、みずみずしい生の一瞬や、ほろ苦い日々の思いを紡ぎ、

味わい深い物語を書く作家だった。

常盤新平の訳したアーウィン・ショーを、久しぶりに読んでみようと思う。
nice!(99)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

10月はたそがれの国 [文学]

旅行の計画を立てていた。

もろもろの手配を済ませた時、家内が足の指を骨折した。

庭の暗がりで敷石につまづいたのだ。

完治には3週間ぐらいかかるらしい。

旅行はすべてキャンセル。

古い本を持って少し遠くにある珈琲店に行く。

P9010016.JPG

ここは、かつて映画館があった場所で、店内は広く中庭に面したテラス席がある。

映画館だった頃の面影はないが、なんとなく懐かしい。

少し肌寒いが、テラス席で珈琲を注文し、

レイ・ブラッドベリの短編集「10月はたそがれの国」を読む。

img20836235zikdzj.jpg

読み進むうちに、正体不明の何かが、僕を「たそがれの国」へと誘い込んでくる。

ブラッドベリ作品特有の不思議な感覚だ。

この危うい感じが、どこか快感であり、奇妙なことに充実感さえ感じる。

ためらうこともなく、僕はその抜け穴へ入っていく…

陽の光は足早に幕を下ろし、重たい宵の気配が座りこんできた。

惑いの中で、いつしか僕は「たそれがの国」の住人になっていた。


nice!(83)  コメント(65)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。