So-net無料ブログ作成
検索選択

画廊の女 [美術]

カシニョール.jpg

会社務めをしていた頃の話。

ある日、打ち合わせが早く終わったので、通りがかった銀座の画廊に、ふと立ち寄った。

その画廊には、カシニョールのリトグラフがたくさん展示してあった。

ぼんやりと眺めていたら、近くで絵を見ていた女性が声をかけてきた。

「絵は、お好きですか?」

彼女は、ボストンフレームのメガネをかけ「アニー・ホール」に出てきたダイアン・キートンのように

着くずしたベストに、サイケデリックな幅広のネクタイをしていた。

「ええ、まあ…」

絵を見に入ったのだから「いいえ」とは言いにくいし、曖昧に答えた。

「画廊には、よく来るの?」

「たまに…」

フレンドリーな口調で訊いてきたので、僕も少し砕けた感じで答えた。

「この中では、どれが好き?」

「うーん、赤い背景のやつ・・・」

その絵に特に惹かれたわけではないが、彼女との会話を続けたかったので適当に答えた。

「私も、あの絵がいちばん好きなの。好みが似てる」

「へぇ、そうなんだ」

短いやりとりの間に、いつのまにか僕は気が緩んでいた。

「今なら、お求め安くなっているんですよ」

我に返った。彼女は一般客ではなく絵の販売員だったのだ。

「いや、絵を買いにきたわけではないんです…」

「絵なんて出合いですから。その時いいと思われたものを買うのがいちばんなんです」

「お金もないし…」

「画廊にお金持ってくる人なんていませんわ。お支払いは後でいいんです」

必死で断ったつもりだが、彼女の猛攻はさらに続いた。

「こんな高いもの買えません…」

「25万円はお買い得です。それに分割払いもご利用いただけます」

彼女の言動には、僕にNOと言わせないようなシミュレーションが組まれていたのだ、と思う。

真綿で首を絞められるような状況の中でもがいたが、

「要りません」とは言えない状況になっていた。

いつのまにか僕はテーブルに座り、分割払い用の書類にサインをしていた。

瞬間、家内が自動車教習所に通うので、25万ぐらい必要だと言っていたことを思い出した。

家内に、このことをどう言えばいいのかを考えると憂鬱になった。

1週間後、僕の生活には不似合いな額付のリトグラフが送られてきた。

この話には続きがある。

ジェームズ・リジィ.jpg

2年後、僕は会社務めを辞め、フリーランスとして仕事をしていた。

ロケでニューヨークに行ったとき、ソーホーのギャラリーで面白いリトグラフを見つけた。

Tom Tom Clubのレコードジャケットで有名になったジェームズ・リジィの立体リトグラフだった。

500ドルなら買ってもいいかと思ってその絵を見ていると、後ろで僕の名を呼ぶ女性の声がした。

「以前、カシニョールの絵をお求めいただきまして・・・」

ふり返ると、そこに立っていたのは、なんと銀座の画廊で僕に絵を売りつけた女性だった。

彼女は、アラン・ミクリのメガネをかけ、ヨウジ・ヤマモトのAラインのワンピースを着ていた。

銀座時代より洗練されたように見えた。

「ニューヨークなら、手ごろな値段でアートが手に入ります」

などと、いっぱしのワーキング・ガールのようなことをおっしゃる。

彼女は、銀座の画廊からニューヨークのギャラリーへ転職していたのだ。

釈然としないまま、僕はその絵を買った。

今回は分割払いではなく、アメックスの一括払いで。

期せずして同じ人から2度、僕は絵を買ってしまったのだ。

それ以来、絵を買ったことがない。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。