So-net無料ブログ作成
検索選択
東京キッドブラザース ブログトップ

東由多加について [東京キッドブラザース]

1970 golden bat-3.jpg

「東京キッドブラザース」という劇団があった。
「天井桟敷」で演出をしていた東由多加が、下田逸郎らと結成したロックミュージカル劇団で、
1968年~2000年まで活動を続けた。
1970年のNY公演「The Golden Bat」は、「完璧な独創性」と絶賛され、
オフ・ブロードウェイで10ヶ月のロングランを成し遂げ、
エド・サリバンショーにも出演を果たした。

東2.jpg

その頃の僕は、東由多加の作り出す鮮烈で時代を疾走するような演劇に強く惹かれていた。
「東京キッドブラザース」の演劇には、少年が空に向かって叫ぶような無邪気さや、
草原の中を、どこまでも走りつづけけるような若さ、
あきれるほどに澄んで透明なロマンチシズムがあった。
「東京キッドブラザース」の客層は不条理や観念的なものを好む左翼っぽい演劇青年より、
ミュージシャンとかイラストレイターとかアート系の人たちが多かったような気がする。
当時、劇団には俳優以外に大勢の若者たちが出入りしていた。
俳優になる前の柴田恭兵、小椋佳、モデルの山口小夜子、作詞家の岡本おさみ、
ヒカシューの巻上公一や井上誠、元全共闘委員長の秋田明大らも事務所によくいた。
将来のことは何も分からないが、毎日が刺激的だった。

しかし、いつまでも劇団にいるわけにもいかず、僕も就職して社会人になった。
1980年代に入ると「東京キッドブラザース」は、柴田恭兵や三浦浩一、坪田直子、純アリスなどのスターも生まれ、大劇場での公演もこなすメジャーな演劇集団として活動していた。
僕は30代になり、いつしか「東京キッドブラザース」から、だんだん足が遠のくようになっていった。
実を言えば「東京キッドブラザース」の演劇にかつての衝撃や共感を感じられなくなっていたのだ。
年をとったということかもしれない。
40歳を過ぎても、愛や連帯を本気で叫び、それを信じようとしている東由多加が
僕には理解できなかった。
愛とか連帯とか、そんなものは遠い昔に通り過ぎていったものじゃないか、と。
ひとりで見る夢も、みんなで見る夢も、現実の中ではぼやけていってしまうものじゃないか、と。
30歳を過ぎて、つまらない現実に心を砕いて生きていた僕は、かつての青春から後ろを向いて別の道を歩もうとしていた。
寺山修司の言葉通り「さよなら、フラワーチルドレン」という心境だった。
東由多加と最後に会ったのは、1999年6月、「東京キッドブラザース」が公演をした恵比寿の劇場だった。
舞台の上で俳優たちが訴える愛と連帯は、なぜか照れくさくて、
僕は居心地の悪さを感じながら席を立った。
終演後の劇場のロビーに佇んでいると、
いつものようにすべてを敵に回したような鋭い目つきで東由多加がやってきた。
「これが、最後の公演です」
そう言って、穏やかに微笑えんだ。
僕は曖昧に笑うことしかできず、話はそれで終わった。
東由多加が癌に侵されていることを知ったのは、その少し後だった。

higashi01.jpg

2000年4月20日。
東由多加が食道癌で亡くなった。54歳。
病院のベッドで野球のナイター中継を見て、テレビのスイッチを消し
「もう、いいや」と、つぶやいて横になったそうだ。
そして、それが最後の言葉になった。
葬儀の日は雨男の東由多加らしく土砂降りの雨だった。
「東京キッドブラザース」の大切なイベントや公演の初日には雨が降ることが多かった。
東由多加の没後、「東京キッドブラザース」は、劇団としての活動を終了する。
闘病の顛末は柳美里の「命」というエッセーに書かれ、映画にもなった。

今日4月20日は、東由多加の13回忌。

1978年に僕が作ったキッドのプロモーションビデオです。


nice!(70)  コメント(34)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

さよなら、エレン・スチュワート [東京キッドブラザース]

ellen 03.jpg

NYイーストビレッジ4丁目にある赤いドアのレンガの造りのビル、
ラママ実験劇場の創立者エレン・スチュワートが今年1月13日帰らぬ人となりました。
エレンはラママ劇場で世界中の舞台芸術家ために門戸を開いた。
ロバート・デニーロ、アル・パチーノ、サム・シェパード、ブルーマンカンパニーなど、
ラママから多くの劇作家や演出家、俳優たちがデビューした。
ラママから世界に羽ばたいていった演劇人は数知れない。
日本からは寺山修司、阿部公房、田中泯、倉本聡…など60を超えるカンパニーが
ラママで上演をしている。
東由多加&東京キッドブラザースも1970年、1974年、1981年と
ラママで熱い季節を過ごした。
2010年にはキッドの音楽監督だった下田逸郎氏のライブも行われた。

このたび、エレン・スチュワートに関心の深かった皆様とともに
生前のエレンを偲びたいと、東京キッドブラザースと天井桟敷の有志たちで
「さよならエレン・スチュワート」を企画しました。
多くの皆様にお集まりいただければと思っています。

日時:2011年6月18日13:00~16:00
場所:渋谷ラママ
nice!(29)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
東京キッドブラザース ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。