So-net無料ブログ作成
検索選択
中華街 ブログトップ

中華街45度の不思議 [中華街]

善隣門2.JPG

計画停電で人気のない中華街を歩いてみた。
こんなに人が少ない中華街は初めてだ。
五差路に立ってみると中華街の道路が周辺の道路に対して
45度の角度で傾いているのがわかる。
関内側からも山下町からも45度の角度で道が傾いている。
中華街に入ると道に迷ったり方角がわからなくなることがあるのはそのせいです。
中華街独特の風水という人もいるがはっきりしたことは分かりません。

05善隣門.JPG

安楽園 [中華街]

安楽園1.JPG

中華街大通りにある銭湯のような建物の中華料理店。
観光客を拒否しているかのように、看板もメニューもない
中華街のホンキートンク・レストランだ。
中国の伝統的な家の作りで、大正時代に建てられたそうだ。

安楽園2.JPG

中華街の牌楼(パイロウ) [中華街]

中華街には、牌楼(パイロウ)とよばれる門がいつくかある。01東朝陽門青.JPG

朝陽門(東) 青 朝日が街全体を覆い繁栄をもたらす。

02南朱雀門赤.JPG

朱雀門(南) 赤 厄災をはらい、大いなる福を招く。

03西延平門白.JPG

延平門(西) 白 平和と平安のやすらぎが末永く続くことを願う。

04北玄武門黒.JPG

玄武門(北) 黒 子孫の繁栄をもたらす。
タグ:中華街 牌楼

横浜ホンキートンク・ストリート「廣東會舘」 [中華街]

a広東会館a.JPG

「廣東會舘」は、廣東省出身の華僑で構成された親睦同郷会の事務所。
横浜中華街には約210店の中国料理店が店を構えている。
中国料理店の種類をみてみると、広東料理系が圧倒的に多く約160店。
ほかに、上海料理系、北京料理系がそれぞれ15店、四川料理系7店、台湾料理系4店、
海鮮料理系、京蘇料理系、湖南料理系、華南料理系などが全部で10店である。
このように横浜中華街で料理店の関係者の多くは広東省出身者が多い。
タグ:廣東會舘

横浜ホンキートンク・ストリート「中華街」 [中華街]

杜記.JPG

中華街のおいしい店選び。
横浜に住んでいるので中華街のお勧めの店をよく人に聞かれる。
味の好みや価格帯によって、中国料理に抱くイメージは人それぞれだと思うから、いつもうまく答えられないでいる。
僕が店を選ぶ条件は3つ。

まず、路地に面していること。
中華街には多くの路地がある。
有名なのは上海路、香港路、中山路、広東路、北京小路、市場通り、…。
さらにそれらをつなぐ小さな路地がある。

次に、店のメニューが中国語と日本語の両方の表記になっていること。
香辣魚片  四川風魚炒め
泡椒鶏片  漬唐辛子入り鶏肉炒め
家常豆腐  四川風揚げ豆腐煮込み
香芽肉絲  豚肉ともやし炒め
水煮牛百叶 センマイの唐辛子煮込み
のような表記です。

そして、食べ放題の店ではないこと。
中華街は食べ放題の店が多い。
最近ではオーダーバイキングと称して、席に座ったまま好きな料理を好きなだけ注文できる店が増えた。
そういう店は、観光客が多いから料理も雑だ。

もうひとつあるとすれば、行列している有名店を避ける。
行列している店はそこそこおいしいが、
値段も割高だし、店のプライドが前面に出すぎていて感じが悪い。

以上はあくまでも僕の基準です。
もちろん、大通りにも食べ放題の店にも、行列ができる店にもおいしい店はあります。
中華街には膨大な数の料理店があります。
まずは探検してみてください。

横浜ホンキートンク・ストリート「関帝廟」 [中華街]

関帝廟b.JPG

幕末に横浜が港として開かれて151年。
多くの中国人が商人が横浜を訪れ、居留地(山下町)で暮らすようになった。
そのなかの一人の中国人が現在の地にささやかなほこらを開いたと言われている。
これが横浜の關帝廟の始まりで
家内安全や商売繁盛を願う華僑の心の拠りどころとなっている。

関帝廟a.JPG

横浜ホンキートンク・レストラン「パンアメリカン・ホットドッグ・コーナー」 [中華街]

IMG_0203.JPG

2010年4月に閉店したパンアメリカン・ホットドッグ・コーナー。
横浜中華街で観光客相手とは無縁のホットドックやナポリタンを出す店だった。
70歳のおじちゃんが作るホットドッグは、しみじみとしたおいしさがあった。
40年前の開店当初は米兵相手に商売していたらしい。
チェーン店のコーヒーショップにはない居心地の良さがあった。

パンアメリカンa.JPG

横浜ホンキートンク・ストリート「中華街市場通り路地」 [中華街]

市場通り路地a.JPG

中華街のほとんどの路地には
料理店のお店がぎっしり並んでいるが、
元町方面まで歩くと喧騒もおさまり、
住居やアパートが立ち並ぶ路地がところどころにあります。
そういう路地には、つい入ってみたくなります。

市場通路地b.JPG

横浜ホンキートンク・ホテル「旅館オリエンタル-東方旅社」 [中華街]

オリエンタルホテルa.JPG

中華街シルクロード通りにある「旅館オリエンタル」が気になる。
東方旅社というのも東南アジアの中華系の街にあるような名前だ。
かつては横浜に入港した船の船員宿だったらしい。
部屋の窓から中華街を見てみたい。

オリエンタルホテルb.JPG
中華街 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。