So-net無料ブログ作成
検索選択

味覚障害 [暮らし]

胃の手術で入院中は、重湯や野菜のポタージュなど、味気ない病院食ばかり食べていました。

退院したら、あれも食べたい、これも食べたいと、食べものの事ばかり考えていたのです。

退院後、それらを実際に食べてみると、味に違和感があって美味しく食べることができません。

今まで好物だった食べものでさえ、以前とはまるで違う味に感じられて戸惑いました。

どうやら、術後に味覚障害になってしまったようで、何を食べても嫌な味になってしまうのです。

旨味成分であるはずの出汁の味が不快に感じられ、煮物が美味しくありません。

牛肉は食べられるが、豚肉は臭みが気になって食べられない。

野菜の味がそこはかとして、ハッキリしない。

油ものは、カラダが受け付けようとしない。

イチゴやバナナ、リンゴなどの果物や、ヨーグルトなどは食べることができます。

味覚障害の症状は人によってさまざまらしいですが、私の場合はそんな感じです。

長年の卑しん坊のツケが回ったのでしょうか。

何を食べても美味しく感じないというのはつらいです。

とは言え、体力を付けなければならないので、食べないわけにはいきません。

足らない栄養とカロリーは「ウィダー・イン・ゼリー」のようなゼリーフードで補っています。

味覚障害の原因はいろいろあるようですが、そのなかのひとつに亜鉛不足があるようなので

亜鉛のサプリメントを買ってきてもらいました。

亜鉛.jpg

年末やお正月の食事は、まだまだ美味しく食べられそうにありませんが

当分このサプリメントを摂取しながら様子を見ようと思います。

皆様、よいお年をお迎えください。
nice!(120)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 120

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。